ホーム > 薬学生の皆さんへ > 先輩からのメッセージ

先輩からのメッセージ

毎年多くの薬剤師が入社しています。弊社で活躍している先輩をご紹介します。

高いスキルと患者様視点。薬剤師には両方が不可欠です。

  • メッセージ写真1
  • これまで数社で勤めた経験がありますが、当社は幅広い仕事が経験でき、スキルアップに思う存分取り組めるという点が大きな魅力です。就職先選びにおいて病院と薬局のどちらかを選ばざるを得ないことがありますが、当社では連携をしている病院での研修も可能です。病院では医療スタッフと直接やり取りをすることで現場での応用力が学べるメリットがあり、薬局は「使う人」の立場に立った視点を磨くことができます。薬剤師として成長するためにはいずれも必要なスキルであると思っています。
    これからの時代、在宅訪問にどれだけ関われるかは薬局、薬剤師の役割として非常に重要です。患者さんにとって必要なことは例え収入に結びつかないことでも実践することが期待されています。薬剤師の仕事は「調剤だけでは終わらない」そこにやりがいを感じています。

    伊藤倫子 明治薬科大学卒 2006年6月入職

子育てしながら働いています

  • 2児の母です。産休育休を2回取得し復帰した後、現在は育児短時間勤務制度を利用して働いています。制度を利用することで「仕事をする時間」がきっちりと決められ、子育てしやすいように配慮されていると感じます。
    子育てと仕事の両方をこなすのは楽ではありませんが、職場には子育て経験した先輩が何人もいるので子育て中の職員に対して理解してもらえることは何よりです。互いに協力し合える環境があることは働き続けるためにとても大事なことと思っています。
    現在は「授乳とくすり」グループの活動に参加しています。自分の経験も活かしながら、授乳婦さんへの関わりを考えていきたいと思っています。

    駒井恵 武庫川女子大学卒 2007年4月入職

  • メッセージ写真2

この職場を選んだ理由

  • メッセージ写真3
  • 地域保健企画を知る機会を得たのは、錦町薬局で行った実務実習でした。副作用報告書の作成や新薬の調査など様々なDI活動、TDM業務など、調剤に留まらない様々な業務を行っていることを実習中に知ることが出来ました。就職活動を通して、そのような活動は一般の薬局では普遍的に行われていないことを知り、地域保健企画に入職を希望しました。
    現在は1年目の新人研修プログラムをほぼ終了し、TDMの解析業務や副作用報告及び質疑応答報告書の作成を行っています。また、薬局内の薬歴向上委員会の担当となり、患者様の薬歴充実のために検討を行っています。
    薬局内や会社内の合同学習会も多く開催されており、それを活かしながらより充実した薬剤師の仕事ができることをめざしています。

    中村理樹 帝京大学卒 2014年4月入職

インターンシップでこの会社を知りました。

  • 私は小さい頃は体が弱かったため、病院や薬局が身近な存在でした。そうしたきっかけから薬剤師をめざしました。当初は病院を考えていましたが、実務実習を終えてからは薬局にも魅力を感じるようになり、病院研修の経験もできる地域保健企画に就職を決めました。病院との連携が取れていること、TDMがこの薬局でもできることなどが入社を決めた理由の一つです。
    実際働いてみて、先輩方は想像以上に勉強熱心で、いつも患者さんのことを第一に考えていることに感銘を受けました。毎日の朝会や医師とのカンファレンスで患者情報、医学薬学的情報を共有できるのは当社の強みではないかと思います。新人研修では事務的な業務から、採用薬品の読み合わせやロールプレイなど薬剤師として必要な知識や技能まで、手間をかけて指導していただきとても充実した毎日を送っています。

    井上仁美 東京薬科大学卒 2014年4月入職

  • メッセージ写真4
ページトップへ戻る

東京多摩地域で薬局9事業所を運営する地域保健企画です。

株式会社地域保健企画 〒190-0022東京都立川市錦町1丁目17番15号 地域保健企画ビル5F
TEL 042-525-9696 FAX 042-525-9601
プライバシーマーク